小児科医師求人ランキング

小児科の医師転職をお探しなら当サイトからスタート!

医療系の求人の中でも数が少ないと言われている小児科。おのずと競争率も上がり狭き門となっているのが現状です。こういった状況の中、一人で調べて転職活動の準備をするのは大変ですよね。そこでオススメなのが医師転職に特化した転職サイトです。

転職サイトは複数ありますがリクルートドクターズキャリアは、多くの転職成功の実績があるので、「小児科」という条件に絞った転職であってもしっかりとバックアップしてもらえます。もちろん登録・利用は無料です。現在多くの医師が利用する信頼のサイトです。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
【当サイトがお勧めするポイント】
■求人数が少ない小児科の求人も、1万件以上の非公開求人の中から探し出せると人気のサイトです!
■転職した医師の平均収入300万円アップも夢じゃない!転職で確実な収入アップが期待できます。
医師の転職支援30年の歴史と実績あるリクルートドクターズキャリアだから安心して利用可能。
■「医師が医師として働きつづけ、充実した人生を送れる社会を作る」をビジョンに就職をお手伝い!
■サービス登録後から就職する最後の日まで徹底的なサポートを行うキャリアアドバイザー採用。
■年収や勤務条件などの面倒な条件交渉は、すべて専任キャリアアドバイザーにおまかせ!
■豊富な求人情報数で、常勤・非常勤(アルバイト)どちらの求人も選べるほどの量を掲載中です!
■内定が出ると雇用条件等の各種手続きの説明も行ってくれるため、はじめての就職も安心!



医師転職ドットコム 無料 全国対応 株式会社
メディウェル
詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社メディウェル
【当サイトがお勧めするポイント】
■医師転職ドットコムで受けられる全てのサービスは完全無料!もちろん登録も無料で行えます。
■“ワケ”あって一般に公開できない特別な求人を多数用意!特別待遇の条件などを紹介してもらえます。
■会員の3人に2人は非公開プレミアム求人から転職先を選択!医師の満足度もかなり高いです。
■減少が進んでいる小児科の求人も大量に掲載!総合病院から単科病院まで幅広い求人があります。
■仕事と家事の両立に成功した、女性医師の転職事例が満載。主婦の方でも安心して再就職が可能!
■サービス利用お申し込み後は求人の新着情報を定期的にメールで受け取れるので使いやすいです。
専用コンサルタントが転職の悩みを無料解決!不安があればいつでも気軽に相談が可能!
サービス申し込み後1営業日内に専用コンサルタントが求人を提示。迅速な対応が好評です。



エムスリーキャリア 無料 全国対応 エムスリーキャリア
株式会社
詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社メディウェル
【当サイトがお勧めするポイント】
最短1分で簡単登録!医師転職で知名度抜群の「エムスリーキャリア」が上位にランクインです。
■転職希望医師の登録実績は17カ月連続でNo.1を記録!実績がある分安心した利用が可能です!
■エムスリーキャリアのコンサルタントの顔が確認出来るのでより安心して相談することができます。
■「最低収入1500万」「当直なし」「週4日〜のゆったり勤務」そんな要望にも確実にお応えします。
全国的に数が減ってる小児科医の求人も450件以上の求人数が掲載されているので求人を探せる!
■求人の掲載以外にも、転職に有利となる面接のコツや履歴書の書きかたも伝授してくれます。
転職した医師のほとんどが年収UPを実感。100万円以上のUPは当たり前と言っても過言ではない!
■経験豊富な専任コンサルタントが登録から就職までを全面サポート!信頼度が高く安心です!



小児科の医師求人を探すには?

全国的に小児科を扱っている病院が減少していることをご存じでしょうか。特に地方では小児科病院をほとんど見なくなったと言っても過言ではないくらいです。これにはちゃんとした理由があり、それは若い医師が都市圏で働く傾向が強いことによるものと言われています。地方で働く医師が減ったことで、小児科医師の負担が大きくなり、個人経営の病院は減っていったとされています。また以前に比べて小児科医や産科医は、ややこしい訴訟に巻き込まれることが増え医療行為を行いにくい環境になったとも言われています。時代の流れによるものなのでどうしようもなく、結局病院を閉鎖してしまう小児科が急増しました。

小児科が少なくなるにつれ、医師求人も減っているのが現状です。しかし小児科の数に反比例し、小児科で働きたいという医師や看護師は増えており、小児科は今でも人気の科目のです。ですので小児科の求人が出ると競争率が高いため、就職はそこそこ厳しいと言ってもいいでしょう。労働環境は大変厳しいですが、子供と接することが好きな方や出産経験がある方は、充実したワークスタイルを送ることができます。

小児科を訪れる14歳までの子供たちを診察するのが主な仕事ですが、病気の知識だけではなく子供の考えてることや心理をしっかり理解しておかなければならないため、意外と難しいのが小児科医です。大人に限らず小さい子供ともコミュニケーションが取れることが必要となるため、子どもとの接し方などの勉強もしておかなくてはいけません。

小児科の求人は数年前に比べて掲載数が減少しているため、説明会やパンフレットだけでは情報が不十分です。より小児科の求人情報を得るためには、医師求人サイトの利用をおすすめします。雇用形態や科目別に求人が検索でき、自分に合った条件を絞って選択できるため、より効率的に求人情報を見ることができます。

おすすめはリクルートドクターズキャリアなどの大手医師求人サイトです。実績や登録会員数が多く、細かな検索システムを上手く活用することで好条件な病院を探すことが可能です。また登録科目が多いため、求人数が少ない小児科でも簡単に見つけることができます。小児科の場合はウェブ上に情報が公開されないことも多いため、非公開情報を取り扱っている情報サイトがおすすめです。

また、競争率が高い小児科の求人は、新着情報をこまめにチェックしておく必要があるため、メールで情報を知らせてくれるサイトを利用すると良いでしょう。


Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.