小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の1日の流れは?

小児科医の1日の流れは?

小児科の医師を目指す人の多くは、子どもが大好きという人が多いですが、少子高齢化で子どもの数が減少しているので、求人を探すことが難しいこともあります。さらに、思っていったよりも仕事の量が多くて続かなくなる人もいるので、小児科医の仕事の流れについて知っておく必要があります。病院によって仕事を始める時間は若干異なりますが、遅くても朝8時前からは仕事がスタートします。

研修医であれば、毎朝8時からモーニングカンファレンスが行われ、最近の出生児の患者の経過を報告して皆で話し合います。モーニングカンファレンスが終わってからは、それぞれのチームによる仕事が始まります。小さな子供を見るチームであれば、回診をしながら先生とチーム全員が話し合いながら、それぞれの幼児のミルク量や点滴指示を確認します。その指示をもとにして、その日に必要な輸液や抗生剤の準備をします。

勤務医であれば、8時前に出勤してから、朝はまず医師専用の部屋に行き一日の流れを把握します。部屋の中には専用の机と本棚が用意されていて、LAN端子がついていたり、無線LANが備えられているのでインターネットで調べ物をすることもできます。まずは、朝のコーヒーでも飲みながら軽く仕事をします。この仕事はデスクワークで、自分の机の上に診断書を書いてくださいとか、患者に関する資料を書いてくださいなどのメモがあるので、簡単に処理しなければなりません。

それから入院患者のいる病棟へと向かいます。朝一番で患者の様態を見るのは、一晩で患者の具合が変わることがあるのと、朝に患者にあいさつすることで、患者を安心させることができます。昼食を済ませてから病棟へと向かい、午前中の検査結果に目を通して今後の方針を立て、点滴を続けるか止めるのか、いつ退院できるかなどを考えます。夕方になるとまたテーブルカンファレンスがあり、幼児の患者の1日の状態を体温板を見ながら振り返ります。夕方のうちに翌日の準備もしなければならないので、採血の指示を出して、翌朝の血液検査や抗生剤を打つことを次の日の担当スタッフに伝えます。

夜に仕事が終わって帰宅すれば自由の時間になりますが、サラリーマンのようにゆっくりできるわけではなく、担当している患者具合が悪く、様態に大きな変化がおきればいつでも呼び出されます。そのため、様態が不安定な患者を受け持っている人は帰宅してからも気を抜くことはできません。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.