小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の30代の求人は?

小児科医の30代の求人は?

小児科医の求人の中でも、30代は最も多いゾーンになります。医師の場合、大学を卒業押して医局に入り、そこで何年か勉強して一人前になった頃がちょうど30歳くらいです。そのため、30代というともっとも体力もあり、医師として一人前になってバリバリ働くことのできる年代ということになります。そのため、よほどベテランのハイレベルな即戦力を求めるのでない限り、年齢で断られることはないでしょう。求人を出している病院も多彩で、選択肢も豊富です。小児科医に限ったことであはりませんが、医師が求人を探すのであれば、30代から探すのがおすすめになります。

ただし、小児科医としては30代はまだ若手です。言葉を発しない赤ちゃんの病状を表情や触診である程度判断し、適切な検査や治療を行うにはかなりの経験が必要になります。そのため、一人前と言っても30代はまだ小児科医として経験不足と言われても仕方のない年代といえるでしょう。ただし、まだ若手だからこそ、採用された病院でも上司の下で素直に勉強できますし、上司としても扱いやすいのは確かです。他の医師や看護師とも馴染みやすく、病院のやり方にも早く慣れるというメリットがあるのです。まだまだ成長できる年代ですから、転職するならレベルアップできる環境を選んだほうがよいでしょう。仕事はハードですが、高度医療を行う総合病院などであれば、さまざまな症例に関わることができるので、小児科医として成長することができます。将来転職するにしても、開業するにしても、たくさんの症例を経験しておくことは医師として非常に重要なことです。まだ体力のある年代ですから、楽な勤務よりも、成長できる環境を選んだほうが後になって役に立ちます。ただし、ハードなだけであまり成長できそうもない病院もあるので、その点はよく見極めることが必要です。

転職者も、30代ではまだ前職で責任あるポジションについているケースは少ないので、転職もしやすいという状況にある人が多いです。ただし、この年代は大学病院の医局から転職したいという人が多く、医局を辞めるのにやや苦労する場合も少なくありません。医局としても引き止めたいという意向があるため、簡単には辞めさせてくれないかもしれませんが、自分の将来のためにも、このタイミングでの転職はプラスになることも多いです。小児科医としてどうなりたいのかをよく考えて、転職するかどうかを決めるとよいでしょう。30代であれば、この先何度が転職することも可能な年代ですので、まずは初めの一歩を踏み出すことが大切です。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.