小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の50代の求人は?

小児科医の50代の求人は?

50代になると、さすがに小児科医といえども求人は少なくなっていきます。確かに経験豊富なベテランで即戦力ではあるのですが、現在のスタッフとのバランスを考慮して、敬遠する病院が増えるためです。そのため、50代での求人となると、ある程度管理職としての求人が多くなります。いわゆる小児科部長などといった役職です。こういった職種では、小児科医としての経験はもちろん、スタッフのマネージメント能力も求められますから、ある程度の管理職経験があった方が転職はしやすくなります。病院によっては、小児科医としてのスキルよりも、マネージメント経験を求めるケースもあるほどです。

管理職として転職するには、やはりマネージメント経験は必要になりますから、それがないと転職はやや難しくなるのですが、方法としては非常勤での勤務ということも可能です。非常勤の場合、週に1〜5回程度の勤務になりますが、勤務回数や時間に融通が利くのがメリットで、体力的に常勤が辛くなる50代でも無理なく働くことができます。また、医師の場合は非常勤でも1回の勤務で5〜10万円の報酬があるところも多いので、週に3回程度の勤務で十分に生活は出来るでしょう。実際、子供が手を離れた50代で非常勤になり、仕事は週に数回にして後は夫婦で悠々自適に暮らしているという医師もいて、それもひとつの働き方だと言えるでしょう。

とはいえ、50代に一般の求人が全くないというわけではありません。小児科医は人材不足ですから、50代でも採用したいという病院は意外と多いです。小児科医としての十分な経験があればなおさら、即戦力として採用される可能性はあります。とはいえ、勤務医の場合は長い勤務時間と夜勤があるなど、体力的にもハードな勤務を求められることが多いので、転職前に勤務条件や残業の有無、夜勤の回数などについてはよく確認することが必要です。若手でも体力的に大変だということの多い小児科の勤務医になりますので、無理そうならやめておきましょう。

開業ついては、初期費用がかなり掛かりますので、借り入れ無しで開業できるほどの蓄えがあるか、子供も小児科医で2代にわたって開業できるというのでなければ避けたほうが無難です。借り入れは断られる可能性も高いのですが、万が一借り入れが出来ても、50代からの返済は大変です。50代を過ぎてからの転職というのであれば、あまり無理をせずに非常勤で働くことができるところを探すのが現実的となります。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.