小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医に転勤は多い?

小児科医に転勤は多い?

小児科医で勤務医として働いている人の中には、総合病院の小児科で働きだしてから、1年ぐらいで転勤する小児科医もいます。家族を持つ医師であれば家族も一緒に付いてくことになるので、大きな変化になります。また、自分で望んで単身赴任をする小児科医もいます。どの病院でも医師は人手不足なので、日本全国北から南まで転勤する可能性がありますし、忙しいときには1から2週間前に突然転勤が決まって、次の日に引っ越すということもあります。

このように転勤をする小児科医は、医局に所属している医師で、他の職員との調整のために、半年から2年くらいのスパンで新しい病院に転勤します。転勤は小児科にメリットもあり、毎日外来ばかりで風邪や軽い病気を担当していた小児科医は、スキルを磨いたり、病気のへの対応を経験しなければならなので、一定期間専門病院で働いたり、大学病院で研究に没頭したりして、医師としての経験や技術を磨く必要があります。

医局とは大学病院の教授、助教授、講師、医局員などからなるグループのことです。医局に所属すれば大学病院での基礎医学を学ぶことが出来るので、医師には魅力的です。さらに、医局には一人前に育てるために様々な技術を学べるように助けるカリキュラムがあるので、医師にとってはメリットがあります。しかし、医局に属していれば転勤や人事異動に従うことは絶対条件です。

こうした移動は自分の希望と合わないこともあり、突然状況が変わることもあるので、小児科医にとってはストレになることもあるようです。例えば、小児科医として大学病院で2年間、専門病院で1年間働いた医師が、東京の循環器専門施設へ心臓病の勉強に行くことになったそうです。自分の希望では、東京で2年間の研修が終了してからは大学病院に戻りたいと思っていたようですが、2ヶ月前になって突然大学の小児科医局長から電話が入り、大学に戻るのを遅らせて1ヶ月間だけ地方の病院で働くことになったそうです。

転勤の理由は、地方の病院の小児科医が自分で開業することになったので、定期人事異動まで小児科が空席になってしまうので、埋め合わせという形で働くことになったそうです。当人としては、東京で学んだことをすぐに大学病院で生かしたいと思っていたので、モチベーションを保つのが大変な時もあったそうです。このように、人事異動の時期になると、地方の年を行き来することになるので、前任者や前担当医と比較されて、新しい職場になれるのも時間がかかるそうです。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.