小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 医師の小児科への転職のコツは?

医師の小児科への転職のコツは?

地方の個人経営の小児科が少なくなった今、より小児科に転職しやすい勤務場所は総合病院や大学病院です。小児科を志望する医師が減少したことに伴い、ある程度の規模を持っている病院でも小児科を扱わないことが多くなりました。個人で経営している病院でなくても、小児科が撤退したのは夜間に運ばれる緊急患者の対応に手が回らなかったことが原因として挙げられています。例え外来に小児科があったとしても、小児科病棟の設備がない病院も少なくありません。

これらのことから、いくつかの科目を備えている総合病院や大学病院の方が小児科に就職できる確率が高くなるとされています。またこれらの病院には小児科病棟が備わっていることが多いため、小児科病棟で働きたいと考えている方は早いうちから目を付けておきましょう。もちろん小児科専門の病院が求人を出していた場合は積極的に応募してみるといいでしょう。

小児科で働くには医師免許取得後、臨床経験2年以上を必要とします。また通常の医師とは違い、小さなお子さんを診察することが主な仕事になるため子供への対応を勉強しておかなくてはいけません。単に子供好きだけで務まるほど小児科は甘くありません。子供ですから注射で泣きわめく子もいれば、症状を上手く伝えられない子も多いです。それらに臨機応変に対応できるスキルを持っていなければ上手く患者さんを診ることができません。また子供の死に直面することもあるため、強い精神力を必要とします。別の科目から転職する場合は、それらの対応スキルや精神学についての知識を持っておくとより採用に有利になるでしょう。

小児科は一般に公開されない非公開情報によって募集がかけられているケースがあります。ハローワークや求人誌では公開されていないため、普通に求人案内を見ていても見つけることができません。どうやって非公開情報を見るかというと、その情報を提供してある医師求人サイトへ登録することで専門キャリアアドバイザーから紹介を受けることが可能になるのです。非公開情報を提供しているサイトはリクルートドクターズキャリアなどがあります。登録も使用も完全無料なのに就職に役立つアドバイスや求人情報の紹介を行ってくれるため、小児科希望医師の方は是非利用してみてはどうでしょうか。

リクルートドクターズキャリアが公開している特別非公開情報は、サービス申し込み(無料)後の案内になります。申し込み次第、病院の新着求人情報がメールで届けられるようになるため、常に最新の求人をチェックすることも可能です。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.