小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の転科は多い?

小児科医の転科は多い?

深刻な医師不足が進んでいる現在、それは小児科も同じ状況で常に新しい人材を確保しようと毎日多くの求人情報が更新されています。求人に応募するのは臨床経験を終えた新しい医師だけではなく、元々他の科目で働いていた医師が違う科目に転科するために応募することもよくあります。同じ医師という立場だとしても、外科医から精神科医、放射線科医から小児科医などの転科は違う職に転職したと言っても過言ではないくらい内容が異なります。

そして小児科医は扱っている病院が減少したことに伴い、医師が不足するようになりました。小児科医は他の医師に比べて夜勤や当直が多く、かなりハードスケジュールで仕事を進めています。また、訴訟リスクが極めて高いことから若者医師からの人気が激減しているのが現状です。パッと見てデメリットが多く感じるため、転科もそう多くはありません。しかし中には小児科医に転科したことで、医師の楽しさを見いだせた方もいらっしゃいます。子供を相手に診察するため向き不向きが強い科目であり、向いている人にはとことん向いている職なのでしょう。

重労働なイメージがある小児科でも、以前に比べて勤務体制が整ってきたと言われています。それによりアルバイトや非常勤として勤務する医師が増え、小児科医はバイトとしてはかなり人気がある部類になりました。医師免許を持ち2年以上の臨床経験があれば試験を受けることが出来るので、元々は他の科に勤めていた医師でも小児科でバイトをすることは少なくないようです。

小児科に転科するにはそれなりの知識や経験が必要になりますが、医師としての技術以外にも小さい子供との接し方を知っている人が有利になるでしょう。うまく意思疎通が出来ないこともよくあるので、心理学の知識が豊富だったり心療内科での勤務経験があると重宝されがちです。15歳以上になると内科、外科、精神科など科目が分かれますが、小児科医はそれらの症状全てをトータルで診なければいけないため医師としての技術は必須です。

小児科医の転科を希望している方は、医師の紹介や説明会の他に医師専用の求人サイトへの登録がおすすめです。転科だとしても医師としての経験があることから様々な病院からオファーを受けることもあります。もちろん専門のキャリアアドバイザーと相談することで、好条件の小児科に再就職する手助けも行ってくれます。登録は無料なので、転科を考えている方は登録だけでもしてみると良いかもしれませんね。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.