小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の勤務医と開業医の比較は?

小児科医の勤務医と開業医の比較は?

小児科医として働く上で、勤務医になるか、開業するかは大きな問題です。もちろん開業を目指すにしても、ある程度は勤務医として経験は積むことは必要ですから、何年間かは総合病院などで働くことになりますが、数年勤務して一人前になった段階で、このまま働き続けるか開業するかを決断することになります。

勤務医として働くメリットは、まず生活が安定するということでしょう。勤務医ということはサラリーマンと同じですから、毎月働くことで収入を得ることができます。借入などのリスクもなく、医師ということで一般のサラリーマンよりも高い年収を得ることができるのです。慢性的に医師は不足しているため、転職先も見つけやすく、高収入での転職が可能です。また、勤務医として総合病院に勤めていれば、高度医療の現場でスキルアップすることができます。

ただし、勤務医の小児科医は以上にハードな勤務を強いられます。朝の回診から外来診察、入院患者処置、事務作業に勉強と休む間もなく働くことが毎日続き、合間に夜勤も行わなければなりません。体力的にはとてもハードは仕事です。

一方、開業医になると、ある程度拘束時間は少なくなりますし、そもそも診察時間は自分で決められるので、その点は少し楽になるでしょう。診察中は忙しいものの、夜勤などはないので体力的にも負担は小さくなります。さらに、入院治療が必要な重篤な患者は提携している総合病院や大学病院を紹介して、その後は大きな病院に任せることになるので、小さな子どもが命に関わるような病気に苦しむ姿を目の当たりにすることが少なく、元気に治っていく子供がほとんどなので精神的な辛さが少ないというのもメリットでしょう。

とはいえ、開業医にもデメリットはあります。まず開業に莫大な費用が必要になるため、銀行などから借り入れをしてのスタートとなることが多く、はじめのうちは借金の返済に追われることになります。また、軌道にのってからも常に経営的な不安はありますから、子どもたちの健康を守る一方で、患者さんが来てくれなくなっても困るという背反した感覚に悩まされることになります。また、重篤な患者は大きな病院に任せることになりますから、高度医療を行うチャンスはなくなります。

このように、勤務医と開業医はどちらも一長一短です。勤務医を続けていれば大変ですがスキルアップも可能ですし、開業医になればスキルアップは難しいものの収入アップは期待できます。どちらにしても良いところも悪いところもある野で、自分が何のために小児科医になったのかを考えながら、納得できる方向を目指していくとよいでしょう。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.