小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医に将来性は?

小児科医に将来性は?

小児科医を目指す人が多い中で、日本は少子化が問題になっているので、小児科医には将来性がないのではないかと不安になる医師もいるようです。結論から言うと少子化の問題があるので、日本全国で産婦人科医と小児科医が不足しています。そのため、都心や地方に限らす大抵の総合病院では小児科医募集を行っているので、転職をする時にも小児科医の仕事であれば見つけやすいのが現状です。

少子化が問題になっている社会において、子育ての医療施設が充実していなければ、安心して子供を生んで育てることはできませんし、子供を産みたいと思う人も徐々に減っていきます。子供を持つ母親の中には、信頼できる小児科医がいないために1人目の子供で苦労したので、2人目の子供はいらないと思う人もいるようです。そのため、少子化の打開策として小児科医を補充したい病院は多いので、小児科医として働いている人が仕事に困ることはないでしょう。

確かに小児科医として働くリスクは大きく、 子供は日中は元気に動き回っていても夜間に急に具合が悪くなることが多いので、小児科医はどうしても夜間に救急医療で対応することが多くなり、夜の時間を自由に使えないことがあります。話すことができない幼児であれば、コミュニケーションが上手く取れないので対応が難しく、外見の症状で判断しなければならないので、大人よりも診察が難しい問題もあります。そのようなことから、仕事を辞める医師も少なくありません。

さらに、小児科医は女性の医師比率が高く、日本全国の小児科医のうち約30%は女性なので、結婚や出産が原因で現場を離れたり、仕事の時間を減らす人が多いため、若くて独身の小児科医であればどの病院でも採用してもらえる可能性は高いでしょう。全国的に少子化の問題があっても、子供がいる限りどの地方でも小児科医は必要とされます。大人とは異なる子供独特の持病を持つ患者もいるので、専門的な知識がある小児科医はどの病院でも重宝されます。

少子高齢化の問題は小児科医の将来の需要にも影響を与えています。近年では高齢化のために高齢出産をする人が増えたので、早産など新生児が先天的に持病を持つことが増えてきました。そのため、都市部では新生児の集中治療部門や新生児の治療回復室などが街中に建設されるようになり、小児科医や小児科で働く看護師が必要とされています。さらに、毎年行われる子供の予防接種は小児科で行うので、将来の需要がなくなることはありません。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.