小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医に多い苦労・悩みは?

小児科医に多い苦労・悩みは?

日本全国で少子化が進んでいるので、小児科医になりたい人と働く場所の比率が合わないように思いがちですが、全国的に小児科医が不足していて、田舎では県全体でも100人に満たない所もあります。さらに、医師業界全体に言えることですが、小児科医も離職率が高いため、大規模の病院でも小児科医を募集しているところは少なくありません。

また、小児科医は他の医科の医師と比べると苦労しそうだと思われていて、金銭的な負担があったり、子供を相手にするので治療が難しいなどの問題があります。そして、保護者との関係を維持することも大変で、人によっては医師とコンビニのアルバイト店員と変わらないような接し方をするので、患者の命を考えて忙しく働いている割には、精神面で苦労を重ねる小児科医も多いようです。

子供が幼児であれば、自分で話せないし、話せる子供であっても病気や症状を事細かに説明することもできないので、診察をする時にも細やかさが求められます。注射を1本打つのも患者が大人か子供かでは大きく違うので、より安全に、より神経を使うことになります。小児科医の多くが、学生の時に思っていたのと、実際の現場の雰囲気が違うと感じるようです。

重い病気の子供の患者を受け持ってから、患者が亡くなったときは患者の苦しみを取ってあげることができなかった自分を責めて、精神的に引きずることがあるようです。さらに病気が重く治らないことを知っている子供と接することが精神的に辛くなっていき、子供好きの小児科医であればそれだけ続けられなくなることもあるようです。

少子化の問題に伴って核家族化という問題もあるので、昔であれば子供が熱を出したり、咳が止まらなくても、おばあちゃんやおじいちゃんに相談すると、食事の工夫することで治ったりしましたが、核家族化の今では相談できる相手が身近にいないので不安を抱える保護者が多いようです。そして、軽い症状であっても神経質になる親もいるため、患者の保護者家族との良い関係を維持することを難しく感じる小児科医も多いようです。

実際に小児科に行って話をしにくい医師や、病状について聞きにくい医師とは信頼関係が築けませんし、内診のあとに説明があまりないと保護者としては不安になります。患者の立場からすると、子供の症状について細かく聞いた時に、嫌な顔をする先生には心を開くのは難しいので、患者や家族とのコミュニケーションはとても大切です。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.