小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の高収入の求人は?

小児科医の高収入の求人は?

小児科医の仕事は、15歳未満である新生児から思春期までの子供の診察を行います。子供の治療を行うために、保護者の要望に答える必要もあります。病気の解決方法も患者自身で決めるのではなく、患者本人とのコミュニケーションが必要です。子供たちの病気の症状に対処するために、たくさんの知識と経験が必要です。そのため小児科医は大変な仕事なので、他の仕事と比べると高収入です。20代の小児科医の年収は600万円から1000万円で、30代ではほとんどの人が1000万円以上の年収に達するようです。50代になると、1400万円以上になります。

小児科医が転職する時に考えるのが地方によって平均の年収が異なることで、北海道と東北では平均の年収が2000万円以上の医師が多く、年収が高い地方といえます。しかし、中部地方や九州地方、沖縄地方の平均年収は600万円から2000万円以下とさほど高くないので、どの地域で働くかは小児科医の希望する収入によって異なります。小児科医に関しては、全国的に医師が不足していますが、特に医師の数が足りない地方では平均年収が増えるので、小児科医の足りない地域の病院に転職すると良いでしょう。

小児科医が自分の収入を上げるためには、これまで働いていた病院をやめて、自分で開業することが一番の近道でしょう。自分の病院を開き、経営が安定すれば勤務医よりは高い年収が得られます。若い時に年収1500万円以上を狙いたい人は自分で開業することを考えるといいかもしれません。注意点として、自分で開業すると年収が2倍から3倍に増えると思われがちですが、儲けたお金の中から開業資金を返済するので、小児科医は開業すれば勤務医よりも儲かるとは言い切れません。

自分で開業することは、年収を上げるために小児科医の自営業者として成功する必要があるので、経営者としての能力が物を言います。そのため、客の口コミに敏感に対応して、患者の子供の母親が病院を選ぶ時に近所での評判や口コミ、インターネットを使って調べた時に、自分の病院がどのように評価されているか、改善点は何かを常に知っておく必要があるでしょう。

小児科医が自分で開業する時には高い金額が必要で、経営が安定してからも借入金の返済をしなければならないので、無理に開業しなくても、他の病院に転職したほうがリスクは減ります。働く地方の病院によって年収や待遇は異なるので、いつかは自分で開業することを目指しながらも、若い時には自分のスキルを上げるために良い環境で経験を積んで、将来の準備をすることもできるでしょう。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.