小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医になるには?

小児科医になるには?

多くの人が子供時代には、風邪をひいた時や、具合が悪い時、予防注射を受けた時などに小児科に通った経験があると思います。子供時代に少なくとも1度はお世話になっているのが小児科医ですが、キツイ、汚い、給料が安いというように、最近の若い人は小児科医にはなりたがらないようです。また、少子化の影響で子供の数が減ったことも小児科医の人気が下がる原因になりました。結果として少子化で少なくなった子供以上に小児科医が減ってしまい、小児科医の仕事量が増えて、過労死する人まで出ています。そのため、小児科医がとても必要とされています。では、小児科医になるためにはどんなステップを踏んだらいいのでしょうか。

小児科医になるためには、大学の医学部に入学する必要があり試験では高い学力が必要なので、小さいうちからの英才教育が鍵を握ります。中学3年生から塾やゼミに通って猛勉強して、高校は地域でトップの進学校に通う必要があります。医学部のある大学に現役で合格するために、子供のうちからしっかりと勉強しなければなりません。大学で勉強する内容は、1年目は、一般の教養を教わり他の学部の学生と同じことを学びますが、2年目の後半からは専門的な知識を学び始め、4年目の前半までは生化学や薬理学や解剖学などの基本について学習します。そして、4年目の後半から卒業するまでには、小児科に加えて内科や外科、整形外科という各科の診療の仕方を学びます。さたに、医療の現場で働き実習を受けて、医学部の6年間の訓練が終わります。

大学を卒業してから、医師になるまでには、医師国家試験に合格していなければなりません。試験は卒業後の3月に受験して、合格すれば晴れて医師になれます。試験は医学部の6年間に学んだ知識の中から出題されるので、毎日猛勉強して合格を目指します。医師国家試験に合格したならば、2年間の研修医として訓練されます。この期間は、研修医は患者との触れ合いや医療の経験を積む必要があるので、志望は小児科医でも、内科や外科、泌尿器科や産婦人科などで訓練を受けて、ある程度の知識を得ておく必要があります。

2年間のうちに特定の医科だけではなく、広くすべての医科で研修を受けます。研修医の期間が終了して、小児科で働くことを決定してから小児科の専門医としてスタートできます。実際には、小児科のある病院へ入局して、小児科医として勤務します。このように、医学部に入学し小児科医になるためには、高い学力が必要になるので、幼いうちから英才教育を受ける必要があります。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.