小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の志望動機の書き方は?

小児科医の志望動機の書き方は?

小児科の医師として働く理由は人によって違います。そのため、志望動機を書く時には、型にはまったものにするのではなく、自分の気持ちに素直になり、どうして小児科として働きたいのかを知っていなければなりません。身近な人の影響で、もともと小児科になりたいという気持ちを持っていた人もいれば、医師になるための勉強をしていくうえで、小児科に興味を持った人もいます。もし、型にはまった志望動機を書いて、他人の志望動機を真似してしまうと、自分の気持ちと違いが出てしまいます。小児科医として働く理由は、面接や採用試験の時には必ず聞かれるので、上手に説明できるようにしましょう。面接の時には、自分の意志で進路を決めたことをはっきりと示す必要があるので、志望動機をはっきりと自分の言葉で述べなければなりません。

小児科医になろうと考える人の多くは、子どもが好きなことが多くの理由ですが、面接の時になぜ小児科を選んだのか尋ねられた時に、子どもが好きだからと答えるだけでは簡単すぎて物足りません。それで、自分の動機を話すときには子供が好きだからという理由をもっと掘り下げる必要があり、どんな子供たちを救いたいのか、そう思ったきっかけはどんなことかなど、自分の気持ちを客観的に考えると、自分の知らなかった気持ちを再確認できます。将来を担う子供達の病気や怪我を治す手伝いをして、子供たちが夢を実現させるために、健康を維持するのを助けていきたいと自分の気持ちを述べることもできるでしょう。

志望動機としては、全国的な小児科医の医師不足をなんとか改善したいと思ったとか、発展途上国で、医療を受けられない子供たちのために医師になりたいといった気持ちを表すと相手に好印象を与えます。一般的に小児科医は忙しい仕事と思われているので、楽だから小児科を選ぶという人はまずいません。そのため、小児科で働くことを志望している時点で、ある程度のメリットにはなっているので、素直な自分の気持ちが伝われば、面接官に嫌な印象を与えてしまうこともないでしょう。

医学の研究に興味がある人の中には、小児科に入って子供の病気の研究をしていきたいと思う人もいます。最終的な目標がどんな事かを真剣に考えていれば、自ずと志望動機がはっきりしてきますが、何も動機がないと、小児科の医師として働くモチベーションを生かせないこともあります。小児科医として長期的に働く時必ず問題にぶつかりますが、志望動機を再確認すると乗り越えられることもあり、小児科医になる動機がどうしても分からに時には、他の医科に移ったほうがいいかもしれません。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.