小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の当直なしの求人は?

小児科医の当直なしの求人は?

昔は病院での当直は研修医や新人の医師が行うのが当たり前でしたが、2004年から研修医の当直を禁じる法律ができてからは事態が変化しました。実際に、キャリアの少ない研修医が緊急の現場に立つので、適切な処置ができずに救えるはずの命も救えないこともあったようです。そのため、今では経験がある勤務医が当直をしなければなりません。

当直とは、夜や祝日などに勤務することで、宿直や日直と分けている病院もあります。状況によっては日勤が終わってから当直もこなす人や、当直が終わってから日勤を行うなど、約30時間連続で働き続けることもあり、体力的にも精神的にも限界に達する医師もいます。そのため、以前は若く体力のある新人医師が当直を行っていました。

しかし、当直する人が新人から経験がある人に変わったとはいえ、仕事がハードあることは変わらないので、医師にとっては精神的にも体力的にも負担がかかり、当直をしたくないと思う人が多いようです。特に、子供たちは昼間は元気に走り回っていても、夜になると咳が止まらなくなったり、症状が突然悪くなることが多いので、小児科医であれば夜に子供が訪ねてくる可能性は大きくなります。

当直をする小児科医の中には、通常の勤務が終わってからそのまま当直をしないといけないこともあり、ある程度の年齢に達したベテラン医師であれば、体力的に負担になります。また、逆に当直が終了してから続けて日勤を行うこともあるので、自分の体力の限界を感じる人がいます。当直を入れると24時間以上の労働になるもとも珍しくないで、当直なしでの勤務をしたがる小児科医が増えています。

当直のない職場に転職したいときには、求人雑誌を見て探すとかなり時間がかかってしまい、当直のない求人だけを探すと数が限られるので、効率よく探す時にはインターネットを使って探すことができます。医師の転職サイトでは、当直なしという検索条件で求人情報を探すと効率よく働き先を見つけることができます。

注意する点として、インターネットで調べた情報欄に当直はありませんと書かれていても、病院によっては勤務条件応相談と記載してあり、面接の時に半ば強制的に当直勤務を強いられることもあります。そのため、当直を絶対行いたくないと考えている人は、インターネットに加えて求人広告をよく読んで、実際に当直をしていない常勤医師がいるかどうかを調べておく必要があるでしょう。求人の情報は毎日更新されるので、自分の希望に合った条件を満たす求人情報を探し続けるようにしましょう。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.