小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医は開業しやすい?

小児科医は開業しやすい?

小児科は、勤務医として総合病院で働いた場合、かなりの激務になることで知られています。給料は高いように思われがちですが、拘束時間が長く、時給で計算すると700円程度だったというのはよくある話です。しかも、患者さんの命を預かるという重い責任と、モンスターペアレンツの苦情といったストレスにさらされることから、勤務医を続けていくよりも開業の道を選ぶ人も少なくありません。しかし、開業するとなると、もちろん資金も必要になりますし、場所なども考えなければなりません。

小児科の場合、開業するためには4000万円程度の開業資金が必要だと言われています。自宅が小児科医院でもない限り、新規開院として資金の借り入れを行って場所を探し、開業する訳です。4000万円というと大変な数字ではありますが、年収1500万円得られれば、500万円を返済に充てれば、利息を払っても10年程度で返済できる金額です。

ただし、小児科の場合は立地などもよく考える必要があります。たとえば、建ったばかりの大規模マンションやニュータウンの側は、若い世帯が多く、小児科を必要とする家庭も多いでしょうから多くの患者さんが訪れることが予想されますが、10年後はどうでしょうか。中学卒業まで小児科に通うとしても、その時に赤ちゃんだった子供は15年もすれば小児科を卒業してしまいます。大規模マンションなどは、一定の年数を過ぎると子どもの数が急激に減ることが予想されるので、それだけに頼った立地では将来的な不安があるのです。そこそこ子どもが多くて、今後も増えることが予想される地域を探すことが大切でしょう。

また、小児科の場合は母親の口コミネットワークで患者さんの数が全く違ってきます。診察が丁寧だったり、処置が的確なのは当たり前で、待ち時間が少なかったり、待合室で子ども同士の感染を防ぐ工夫がしてあるなど、チェックする項目は多いです。そのため、小児科を開業するなら、居心地の良い待合室はもちろん、携帯電話などを使った予約システムの導入などは必須でしょう。

なかなか大変な小児科の開業ですが、それでも勤務医時代に比べると、夜勤はありませんし、休診日は確実に休めるなど、メリットは大きいです。収入もアップすることがほとんどでしょう。大変なことも多い小児科ですが、そのぶん患者さんに感謝されることも多いため、やりがいは十分にあります。特に開業すると、自分の診察を受けるために来院してくれたという実感を持てる医師も多いのです。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.