小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の資格は?

小児科医の資格は?

小児科医としての仕事は重要で、子供の生命と健康を守りながら、子供の健全な発育のために病気を予防する生活指導もしなければなりません。そのため、病気に関する深い知識が必要です。さらに、小児科医には患者である子供たちと、子供たちの家族や親族とよく話し合うコミュニケーションの能力も必要になります。子供は年齢とともに身体や考え方が変わるので、子供の発達に合わせて幅広い対応をしなければなりません。そのため、小児科医になりたい人は誰でもなれるわけではなく、訓練と資格の取得が大切です。

子供たちが憧れる小児科の先生ですが、小児科医になるためにはまず医学部に進学して、6年間みっちり勉強する必要があります。大学の医学部は他の学部と比べると、勉強が難しいので中学と高校に通っている時点で、他の人よりもいい点数を取っている必要があります。小児科医を目指すのであれば、早い段階で塾に通って、家庭教師をつけて高い学力を身に付ける必要があります。

また、医学部で勉強するときには、自分は小児科に行きたいので、小児科の勉強だけをするというわけにはいかずに、目指している医科以外の泌尿器科や婦人科、医師国家試験を合格し、医師免許証を取得眼科などのすべての知識を勉強する必要があります。医学部を卒業してからは、医師国家試験に合格して医師免許証を取得しなければなりません。その後に2年間の研修を受けてやっと、小児科医としての一歩が始まります。

小児科の研修を一定の期間受ければ小児科医と認められます。この場合、大学病院や地方病院の小児科で小児科医としての研修を受けることができます。また、3年間の研修が終わってから、日本小児科学会の専門医試験を受けられる資格をもらえるので、小児科専門医としての資格を取ることができます。この試験は筆記試験と症例を要約して評価するテストもあります。症例要約の試験の時には、分野順に並んで症例を書く必要があり、最低でも30例は必要なので、しっかり勉強しなければなりません。さらに、面接試験や審査も関係するので、前もってよく勉強しなければなりません。試験が終わって合格した人は小児科の専門医としての資格を満たしたことになります。

小児科専門医試験を受ける前には、準備しなければいけない書類があり、受験出願書を作るために写真を添付したり、大学の卒業年月日と医籍登録番号、医籍登録の日付、そして臨床研修終了登録日と小児科専門医研修開始日を受験請願表の中にしっかりと記入するようにしましょう。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.