小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医のやりがいは?

小児科医のやりがいは?

小児科医のやりがいは、病気の子どもが元気になっていく姿を目の当たりに出来るということにあるでしょう。病気で辛そうにしている子どもをみるのは誰でも心が痛みますが、それだけに元気になった時の笑顔は嬉しいものです。子どもやその親からかけられるありがとうという言葉で、過酷な勤務も乗り切れるという小児科医はたくさんいます。とにかく子どもが好きだから、子どもの病気を治したい、というのは、小児科医にとって大切なやりがいです。

また、小児科ならではの治療の難しさもやりがいにつながります。小児科治療の難しいとことは、単に対象となる子供の体が小さいからというわけではありません。子どもということで、十分にコミュニケーションを取れないのも小児科治療を難しくしている一因です。たとえば「お腹が痛い」というのも、大人であれば、この部分がチクチクする、だとか、差し込むような痛さ、などといった表現によってある程度察することができるのですが、子どもの場合はそうはいきません。「お腹が痛い」と言えればよい方で、幼児や乳児になるとどこが痛いかも伝えられず泣いているだけの子供もいます。そんな時でも小児科医は適切な検査を行い、痛みのある個所を突き止めて治療を行わなければならないのです。大人の治療とは全く違う難しさがあります。それだけに適切な治療によって症状が改善した時には大きなやりがいを感じますし、達成感を得ることもできるでしょう。これは小児科医療の醍醐味でもあるのです。

さらに、小児科の場合は子どもが相手であれば、あらゆる症状に対応する必要があります。つまり、内科も外科も皮膚科も泌尿器科もすべて子供は小児科の門をたたくのです。赤ちゃんから中学生くらいまでと、人生において大きく成長していくタイミングで、あらゆる病気の治療を行うということは、その子の人生にも大きく関わるということになります。もちろんそれだけ責任も大きくなるのでで、負担も増えるのですが、やりがいという点では欠かせないポイントです。乳児健診をした子供が風邪をひくたびに診察に訪れて、その成長をサポートできるのは小児科ならではでしょう。子どもを元気に成長させて、その未来を支える一人として彼らの人生に関わることができるということにやりがいを感じる小児科医は多いです。だからこそ、小さい時から通っている小児科では子どもの顔を覚えている医師が多く、大きくなったねと目を細めるシーンを見かけることが多いのです。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.