小児科医師求人ランキング

小児科医師求人TOP >> 小児科医師のFAQ >> 小児科医の離職率は?

小児科医の離職率は?

外国と比べると、日本の小児科医の数は医師全体数からするとほんのわずかで、小児科医の数は不足していると言えます。これは小児科医の離職率が高いことと関係があります。離職する小児科医が多いので、現役の小児科医は当直と通常の勤務を続けてこなしたりすることもあり、一人の小児科医にかかる負担が増えてますます辞める人が増えていきます。

医師全体と比率を比べると、小児科医は5%程度の数で、都心でも150人くらい、地方の県では70名くらいと100人に達していません。(2016年現在)多くの小児科医が離職する理由には給料が安いこともあげられます。例えば、30代の小児科医は年収が1400万円あるので、月々100万円を超える収入がありますが、仕事はまるで奴隷のようだと述べています。残業したり早朝からの出勤が当たり前なので、急患があったりすると不眠不休で働かなければなりません。

また、20代の小児科医は年収500万円ありますが、患者である子供たちはお客様という意識で接しなければならず、言葉遣いには気をつけなければなりません。看護スタッフの自分に対する扱いも半人前扱いなので、看護師から嫌われない様に気を使っているそうです。高い給料はもらえますが、労働時間が32時間の時もあるので、勤務時間の割に給料が少ないと感じているようです。

小児科医は体力が重要なので、いつも健康管理に気をつけて、疲れていても風邪や病気にかからないように気をつけます。小児科医の仕事は、当直と日直と宅直の繰り返しなので、一ヶ月のうちフリーで休める日は、1日か2日しかないようです。自分で開業している医師であれば状況は異なりますが、急患や突発的に来る患者が多いため、勤務医よりも仕事が楽と言い切ることはできません。

自分で開業した小児科医は、患者である子供と親への気遣いが重要で、一度悪い評判がつくと患者が来なくて、廃業に追い込まれてしまいます。近年はインターネットの口コミを参考にしているお母さんが多いので、対応が悪い小児科には来てくれません。結果として、小児科医の離職率が高くなってしまいます。

結婚している小児科医は、仕事が忙しいのでほとんど家に帰れないこともあり、結婚して子供がいる家庭では妻が母子家庭のように一人で子供を育てなくてはなりません。さらに、小児科医は診察する子供とのコミュニケーションに加えて、子供の親との話し合いが重要なので、精神的な負担が増えていき疲れて仕事を辞める人もいるようです。

小児科の医師求人を探す!人気の医師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 小児科医師求人ランキング All Rights Reserved.